Products 製品情報

製品情報

001.FPカバー(ロボットスーツ)

FPカバー(ロボットスーツ)


―(特第6059951、実案第3190562号)―

主に自動車工場の塗装工程において、キャリアー・治具・塗装ロボットなどを塗料ミスト・ダスト類から守るカスタマイズの特殊フレキシブル布カバーです。その他産業用ロボット・機器類の汚れ防止カバーとしてもカスタマイズに作製します。御相談下さい。


FPカバー


FPカバーRBA



1.用途(実施例)
  • 複雑な動作をする塗装ロボットの形状と動きに合わせて、縫製加工仕立てをしたカバーを作製。塗料ミストやダスト(埃・チリ・糸クズ)からロボットを保守します。
  • バンパー塗装工程において、バンパーの受け治具及びキャリアーをワンタッチでカバーし塗料ミストによる汚れを防止することで塗装不良の解消に貢献します。
  • カバーはフレキシブルな伸縮自在の性能を有しており、ロボットの動きを制約することなく作用効果を発揮します。
2.FPカバー製造工程フローチャート
別紙にカバー無し洗浄方式との比較メリットを列挙します。


3.メイテックの取組み
弊社はクリーンな塗装工程で使用される製品であることに対応し、その製作では特に下記の取組みを行っています。

  1. 生地の編み加工、縫製加工は間仕切りを行い、ダストキャッチネットを展張したクリーン環境下で製作しています。
  2. 全商品にソーピング処理工程を行う精錬処理の実施。
  3. 最終製作工程となる難燃加工、ワックス処理加工、ワックス乾燥、検品、包装出荷作業は特に厳密な環境の整備、浄化を行っており、
  • 作業空間の塩ビフィルムによる完全間仕切り
  • 専用床マットの施設、クリーンマットの設置
  • 作業者専用静電服、帽子、靴の着用
  • ダストキャッチネットの並列使用、間仕切り設置と空調の導入
  • 「吹き出し・吸い込み」特殊エアーガンの採用
  • 静電処理フィルムによる包装
等々を実施しています。

2-1-4 2-1-5 2-1-6
ワックス乾燥工程
検品、包装作業風景
間仕切りされたクリーン環境
4.特長
  • 特殊長繊維と編み方法の工夫によりタテ・ヨコ自在に伸縮し、かつ軽量であらゆる形状にフレキシブルにフィットするカバーです。
  • 生地の編み工程から縫製、加工、包装に至る全ての製作工程は弊社独自のクリーン環境下で管理され、クリーン商品としての品質に留意しています。
  • 全規格は全てソーピング(精錬)と難燃処理を施し、発塵の無い難燃性能を持った製品に統一されています。
  • 弊社独特の難燃ワックス処理(Wタイプ)を行なう規格ではワックス処理無し品(Nタイプ)より防塵性、塗料ミスト吸着性が更に向上し、塗装ブースを一層清浄に保つ事が出来ます。
  • Wタイプは使用中、摩擦による繊維の毛羽立ちを防止、軽減し、かつ静電気の発生も抑制しますので、塗料ミストの効率的な吸着や含浸と併せ、より高度な品質性能を発揮します。
  • WタイプはJIS L1091 D法(コイル法)合格レベルの難燃性能を有します。
※カバー使用時は塗料が付着、含浸しますので、その難燃性能は低下します。
  • FPカバーを使用することにより、ロボット・治具・キャリアーの保守洗浄は従来のような薬剤・スチーム・熱湯等を使用しないので廃液処理の必要が無く環境を壊しません。又、塗料カスもカバー生地に付着し、乾燥した状態でそのまま廃棄することができ、手間が掛りません。
  • トータル処理コストが大幅に低減されます。
  • 別紙にカバー無し洗浄方式との比較メリットを列挙します。
5.製品案内PDFファイル・別紙資料PDFファイル
  1. FPカバー
  2. FPカバーの特性
  3. FPカバー使用メリット



Page Top